デリケートゾーンを脱毛しました

まだ始めてから一年程度しか経たないのですが、心の底からやってよかったと思うことといえばデリケートゾーン、つまりVIOラインの脱毛です。

デリケートゾーンは今までは自分で必死に自己処理をしてきて、専用のトリマーをわざわざ購入したり、顔の眉毛を手入れするための小型電動シェーバーを使ってシェービングしたりと、悪戦苦闘しながらいろいろな機械を使って手入れしても、上手く剃りきれなかったり、逆に丁寧に剃りすぎてかゆみや剃刀負けといったトラブルに悩ませることが多かったです。

上手く自己処理しようとしても、非常に見えづらいパーツなのでしんどいですし、脱毛サロンで脱毛することにしました。

私はこのサイトで脱毛サロンを見つけました。宇都宮の脱毛サロンの情報が豊富です。

宇都宮脱毛の口コミ情報

デリケートゾーンの脱毛といえば、やはり肌が繊細な箇所なので痛みが不安だったり、あとは施術時の恥ずかしさやエステティシャンとの気まずさが少し不安でした。


人見知りがちで緊張しがちな性格なので、あまり人にデリケートゾーンを見せたくないという思いもあり脱毛を躊躇したこともあったのですが、実際のお手入れでは紙製のショーツを履いた状態のままで手入れを受けることが出来ましたし、エステティシャンも多くの人のVIO脱毛を日々行われていることもあり、平然と全く動じない態度で丁寧に接客してくれたので安心しました。

デリケートゾーンの脱毛は予想外に痛くなく、じわっと温かさを感じる程度の刺激しか無かったです。

VIOを脱毛し始めてから、生理時も蒸れずに過ごせるようになって衛生的ですし、ショーツ選びや水着選びにも困らなくなりました。

ニオイ対策やムレ対策のためにもデリケートゾーンの脱毛はおすすめですし、スポーツクラブ通いをしていて定期的にスイミングするため水着を着る私にとって、デリケートゾーンは本当に脱毛してよかった場所です。

数度のお手入れでも、目に見えてムダ毛が大幅に減り、自己処理がとても楽になったので嬉しいです。

美容へのモチベーションを高めるには



女性にとって、なるべく大切にしたいことといえば美容ですが、つい忙しい日々が続いてしまったり、疲れたりしんどい時には私は真っ先に美容に対して手抜きをしてしまいます。

気が付くとヘアサロンから足が遠ざかっていたり、肌を出さない冬場などにはムダ毛が沢山生えていたり、人にあまり見せないことを言い訳にしてボディケアの保湿や角質ケアを怠ってしまったりするので、反省しています。

美容へのモチベーションを維持するために、今まで一番効果的だったことといえば、恋愛をしたり、気になる異性を持つことでした。

どうしても異性の目をあまり気にしていないとオシャレや美容へのやる気が上がらないタイプの性格ですが、恋をするとダイエットを頑張ったり、いつもよりフェイスパックを使う頻度が増えたり、いつもは全くしないネイルケアをするようになったり、分かりやすく自分でも美容への熱心さやモチベーションが高まるのです。

美容では肌のお手入れやダイエットに意識が行きがちですが、最近は髪のお手入れもスキンケアや痩身と同じくらい大切だと実感しました。

友達に本当に髪が綺麗でサラサラな子が居るので、本当に憧れています。

その子の家に泊めてもらった時さりげなくヘアケアの様子を観察すると、良いヘアオイルや高いドライヤーを使っていて感心しました。

最近は髪のパサツキが気になるので、近いうちにヘアサロンでトリートメントやヘッドスパをしようと思っています。

ただ、ヘアケアは毎日の積み重ねが大事なので、たまに突発的にヘアサロンへ行くよりも、地道に家でお手入れを一生懸命頑張ることも大切です。

美容のためには化粧品をいろいろ試しています

最近、美容のため心がけていることといえば、色々な化粧品を試すことです。

よく大きな駅や都会では、自由に化粧品が使える有料パウダールームがあるので、最新の化粧品を試したい時や、手軽に良い美容家電を使いたい時には、有料のパウダールームに行って一時間程度じっくり肌をケアをしたり、普段使わないいつもと違うコスメでメイクを楽しんだりします。

人によってメイクでは似合うカラーが違いますが、いつもと少し変わったコスメを使うと気分も高まりますし、思わぬ発見があったりもします。

私は美容のため、化粧をする時にはメイク道具にこだわりを持っています。

メイクブラシはなるべく衛生的なものを使ったり、お肌への摩擦が少ない天然毛を使っています。



また、美容でうっかり見落としがちなことといえば毎日のファンデーションを塗る時欠かせないファンデーションパフの掃除です。

若かった頃はめったに洗わず同じパフをずっと使い続けていたのですが、雑菌や衛生のことを踏まえ、現在は定期的に週に一回は必ずパフを洗ったり、パフがよれてきたり傷んできたらこまめに交換することを徹底してます。

汚いパフで化粧しても仕上がりが悪いですし、肌のニキビや吹き出物の原因にも繋がるので、メイクツールの衛生にこだわることは意外と大事だと思います。

また、美容のためよく試すものといえば化粧品のサンプルやテスターです。

化粧品を買った際など、化粧品店やデパートのカウンターなどではおまけとしてサンプルを貰えることがよくありますが、喜々としてもらったその日のうちに使用する事が多いです。

思わぬ使用感の良さに感動したり、今まで知らなかった化粧品の存在を知れたりします。

肌を改善したり、より綺麗にワンランク上のメイクを叶えるなら、いろいろな化粧品を使ったり、コスメの新製品の情報を集めるというのもおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみはなぜ残る?原因と改善法をご紹介



デリケートゾーンはその名の通り皮膚が敏感でデリケートな部分です。 また下着の締め付けやムダ毛処理などが原因で、肌が黒くなってしまうこともあります。 一度黒ずみが残ってしまうと改善するまでに時間がかかってしまいますので、黒ずみを残さないように意識することが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみには様々な原因がありますが、特に多いのが下着による摩擦です。 普段から締め付けの強い下着を履いている方は注意が必要です。 長時間デリケートゾーンが締め付けられることで、色素沈着となり皮膚が黒くなってしまうのです。

下着による黒ずみを改善するためには、キツすぎない下着を選ぶようにしましょう。 黒ずみが発生するもう一つの原因はデリケートゾーンのムダ毛の処理です。 皮膚の薄いこの部位をカミソリなどを使って剃ることで、角質がはがれお肌は敏感な状態に。

そして伸びてきたムダ毛が皮膚を擦ることで刺激となり、黒ずみが残ってしまうようになるのです。 デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには皮膚に刺激を与えないようにムダ毛の処理を行うことが大切です。

また処理したあとの毛先が皮膚を擦ってしまうのを防ぐためには、毛先を熱で丸くすることも有効です。

熱を利用したヒートカッターなどもありますので、このようなグッズを使用して処理するのもおすすめです。

また美白効果のある化粧品を使用するのも効果的です。

ただしデリケートゾーンは皮膚が敏感ですので、低刺激の美白化粧品を選ぶようにしてください。

デリケートゾーン黒ずみ解消ランキング